« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

◆今日の読書 風が強く吹いている/三浦しをん

あらすじ
箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝に挑む。たった十人で。それぞれの「頂点」をめざして…。
長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげた超ストレートな青春小説。(「BOOK」データベースより)

感想:
三浦しをん、直木賞受賞後第一作。
「風が強く吹いている」を読んでいる時まるで面白いマンガを読んでいるように情景が浮んできて、読みながら心臓がドキドキしてしかたありませんでした。

スポーツって、青春って素晴しい!
確かに、この本にはさわやかな、そして力強い風が吹いていると思います。

一度は陸上界から去ろうと思った2人と、陸上経験のほとんど無い8人が団結して箱根駅伝を目指す。一見無謀におもえるストーリーも、読み進め感情移入していくうちに全く気にならなくなり、最後はすっかり寛政大学のサポーターと化しました。

キャラクター10人の個性が、本当に良く描けていて、私も一緒になって悩んだり、活躍を我が事のように喜んだり。

ラストまで飽きさせることなく、グイグイと引っ張っていける三浦しをんの筆力はスゴイと思います。

恥ずかしながら久々にうるっときました。

間違いなし、お勧めの一冊です。

おすすめポイント:
勝手に評価 ★★★★★

風が強く吹いている

著者:三浦 しをん

風が強く吹いている 風が強く吹いている

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダリ@諸橋近代美術館

Dali_6 福島県にある“諸橋近代美術館”に行ってきました。

ここは五色沼のすぐ近く、山に囲まれた場所にある建物の美しい美術館で、
スペインの画家「サルバドール・ダリ」のコレクションを多く所有しています。

私は今までダリの作品を、有名な「柔らかい時計」位しか知らず、
勝手に奇抜な作風の画家なのだと思っていました。
しかし展示してある作品の中の、特に彫刻が本当に素晴しいもの
ばかりで、かなり魅せられました。

一番素晴しかったのは、ダンテの「神曲」に出てくる
「ベアトリーチェ」をイメージした頭部のブロンズ像です。

ダンテとベアトリーチェに関係の深い「9」という数字が口元に
飾られ、顔の周りは金とピンクの鉱石とで可愛く縁取られて
います。

しかしあどけない表情を浮かべる少女の裏側に廻ると、
後頭部が空洞になっていて、なんとキスしているプシュケと
キューピッドのミニチュアが飾られているのです。

かなり素敵です!

帰るころには、彼の生い立ちや考え方、人物像にむくむくと
興味が湧いてきて、すっかりダリファンになっていました。
いつか本家スペインの劇場型美術館にも行ってみたいな。

日本全国おすすめユニーク美術館・文学館  /新人物往来社/編 [本] 日本全国おすすめユニーク美術館・文学館 /新人物往来社/編 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◇本日の試写会 エクスマキナ/EX MACHINA

フルCGアニメーション「APPLESEED」の続編。
「エクスマキナ」の試写会に行ってきました。

ストーリーは、なかなか面白くスピーディで、若干この演出見た
ことあるかも?的な部分はありましたが、概ね楽しめました。
何と言ってもCGの綺麗さは素晴しいです。これだけでも、見る
価値あります。

それから、私が一番気になったのは挿入歌。
「THE MAD CAPSULE MARKETS」の曲調に良く似た曲が使われて
いて、でも彼らは活動休止中のハズ…と、気になってエクスマキナ
の公式HPを見てみたところ、KYONOが参加が分かり、しかも私の
大好きだった元ハイスタの難波君とのコラボ曲だったらしい事も
判明!なんだかとても嬉しくなってしまいました。
当たり前だけど、ちゃんと活動してるんだなぁと思って。頑張れー。

それと、エクスマキナの「ブリアレオス」ローソン限定ベアブリック
の発売情報も発見!まだ予約受付中だったので、速攻予約しました。
か、かわいすぎ~。

いろいろな意味で、私の中で盛り上がった「エクスマキナ」。
お勧めの映画です。

勝手に評価 ★★★★☆(ベアブリックが可愛かったので+★1つ)

エクスマキナ APPLESEED SAGA スタンダード・エディション エクスマキナ APPLESEED SAGA スタンダード・エディション

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆今日の読書 町長選挙/奥田英郎

都下の離れ小島に赴任した精神科医の伊良部。
島は折から町長選挙のまっただ中で、伊良部も「物事、死人が出な
きゃ成功なのだ」というほどの、島を二分する争いに巻き込まれて
しまう。直木賞受賞作『空中ブランコ』から2 年、あのトンデモ
精神科医・伊良部が引きこもりに!?
(ダ・ヴィンチより)

感想:
「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」に続く待望の続編!
さくさく読めて面白い、非常に文章に力のある良質な娯楽小説です。

伊良部みたいなお医者さんがいたら、こっそり私生活を覗きたい。
自分が診察されるのはイヤだけど(笑)

伊坂幸太郎の本が好きな人はたぶん好きなテイストでないでしょう
か。お勧めの1冊です。

おすすめポイント:
勝手に評価  ★★★★☆

町長選挙

著者:奥田 英朗

町長選挙 町長選挙

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »